Box Shield

今日の働き方に最適な、インテリジェントでスムーズなセキュリティ

Box Shield

パワフルなセキュリティでビジネスを加速

スピードがますます重視される今日のビジネスシーンでは、機密性の高いデータを安全に保護するという課題がこれまで以上に複雑かつ重要になっています。貴重な情報が、自社の他部門、パートナー、ベンダー、顧客など、社内外の組織によって共有されており、従来の対策では十分な情報セキュリティを確保することができません。Box Shieldがこの課題を解決します。Box Shieldは、ビジネスを停滞させることなくリスクを低減し、情報の流れを保護します。

重要なコンテンツを分類

Box Shieldは、ファイルやフォルダの分類を容易にします。Box Shieldを使用すると、個人識別情報(PII)、医療・診療記録、財務書類といった重要なデータのファイルやフォルダを手動または自動で分類することができます。分類ラベルはBoxに表示され、組織内のセキュリティポリシーの共有に役立ちます。また、コンテンツを分類することで、セキュリティを適切に制御することができます。

データ漏洩を防いで生産性向上

サイバー攻撃の90%は、ヒューマンエラーと悪意のある行動に起因しています[1]。そのような問題は未然に防がなければなりません。Box Shieldは、セキュリティ制御をコンテンツの近くで行うことで、データ漏洩をリアルタイムで防ぎ、かつ、シンプルでスムーズなユーザーエクスペリエンスを実現します。コンテンツの分類をベースとしたセキュリティ制御は数分で設定可能。ミッションクリティカルな業務を継続しつつ、重要なデータを保護できます。

 

[1] Willis Towers Watson research (ウイリス・タワーズワトソン調査)

スマートな検知でセキュリティ部門を支援

処理能力の向上はセキュリティ部門にとっての重要課題のひとつです。ユーザーの挙動を逐一監視するような時間はありません。Box Shield は、機械学習と、Box上での人々のコラボレーション行動に関する深い見識を活用することで、組織内部に潜む脅威や、外部からのアカウントの侵害を検知し、正確に、迅速に警告します。警告は、Box Shield上で即座に確認できます。また、任意の分析ツールに送信することも可能です。

クラウドセキュリティポートフォリオとの統合

 

Box Shieldは、貴社で現在使用されているベストオブブリードのセキュリティツールとの統合をサポートしています。コンテキスト警告にはこれまで以上に実用的な洞察が含まれており、統合を通じてSIEMあるいはCASBソリューションによる監視や詳細な分析が可能になります。Box Shieldが提供する制御と洞察は、貴社のセキュリティポートフォリオに新たな価値をもたらします。

Splunk
Sumo logic
LogRhythm 
IBM
AT&T Cybersecurity
Symantec
McAfee 
Palo Alto Networks
Netskope 
Microsoft
IU

「インディアナ大学では、世界各地の10万人以上のユーザーと数千人もの関係者が機密情報をやり取りしています。Box Shieldはコンテンツを的確に保護し、スピードや利便性を損なうことなくリスクを軽減できます。」

 

インディアナ大学クラウド技術サポート部門マネージャー Bob Flynn氏

主な機能

セキュリティ分類ラベルの定義と管理

コンテンツの異常なダウンロードを検知

Shieldによる警告と詳細を管理コンソールに表示

ファイルやフォルダを手動または自動で分類

不審なセッションや場所からのコンテンツへのアクセスを検知

Shieldを設定するための共同管理者権限

Boxネイティブアプリケーションと、統合したサードパーティのツールとの間の、コンテンツの分類をベースとした制御を支援

ホワイトリストおよびブラックリスト用にIP、ドメイン、場所のリストを作成

Shieldによる警告や分類のアクティビティをSIEMやCASBに送信

大切なコンテンツの保護は万全ですか?