Box for Construction

オフィスと建設現場、顧客、取引先とのシームレスな情報共有

次世代のランドマークはクラウドから

建設会社も、建築会社も、エンジニアリング会社も、建設期間を短縮し、ダウンタイムを排除し、プロジェクトの各段階についての深いインサイトを顧客に提供するために、デジタル化を迫られています。しかし、スイッチを押すだけで一夜にしてデジタル企業になることはできません。業務を進める方法を変革する必要があります。そこで、クラウドコンテンツ管理の登場です。Boxを使用すれば、コンプライアンスを維持し、業界標準を遵守しながら、あらゆるコンテンツとプロセスのコラボレーション、管理、セキュリティ保護を1つの場所で実行できます。さらに、すでに使い慣れたお気に入りのアプリをBoxとシームレスに統合することで、単一のセキュアなコンテンツレイヤーが形成され、デジタルワークプレースが強化されます。

lennar
webcor
Aecom tishman
Saipem
Perkins + Will

ビジネスの点と点をつなぐ

Boxは、建設プロジェクトにおける共同作業を容易にします。青図や写真、仕様に関する重要情報を顧客と共有する。建設現場での意思決定を支援する道具となる。CAD/CAMファイル、BIMファイルをはじめ、あらゆるデバイスから得られるプロジェクトの進捗情報を可視化する。Boxのプラットフォームを共用することで、組織がより一体となって作業できる環境を作り出すことができます。

Webcor事例:デジタルワークプレースをクラウド上に構築

プロジェクトへの入札を効率化する

入札および提案プロセスを効率化します。提案(RFP)のプランや仕様をセキュアに共有し、共通のワークフローを自動化することで、期限内の入札を確実にできます。

関係者全員の仕事が順調に進む環境を作る

デバイスを問わず、プロジェクトの進捗を確認できるため、建築士、技師、外部請負業者などすべての関係者間の情報共有が容易になります。また、写真、CAD/CAMファイル、BIMファイルのアップロード、プレビュー、コメント入力を一元管理できます。

現場の生産性を向上させる

現場での共同作業とトラブル対応をより容易に行うことができます。Box Captureを使用することで、現場の状況や危険要因を写真や動画で撮影し、関係者間でセキュアに共有できます。

クラウドコンテンツでモバイルアプリを構築する

セキュアなコンテンツロッカーが顧客とのコラボレーションを促進し、プロジェクトをよりよい方向に導きます。設計の共有が容易なため、リアルタイムで顧客の意見を聞くことができます。

さっそく試してみませんか?