Box Sign

電子サインをコンテンツのある場所で

先進的な企業がBox Signを活用してコストを削減しています

Penske
Allbirds
国際救済委員会(IRC)
シュライナーズ・チルドレン (Shriners Childrens)
UTA logo

数量無制限の電子サインを無料で

Boxプラン(Businessプラン以上)を利用することで、Box Webアプリから、署名対象のドキュメントを数量に制限なく送信できます。コンテンツクラウドにネイティブに組み込まれたBox Signが、コンテンツのある場所でシームレスに使える電子サイン機能を提供します。 ドキュメントやユーザーごとに課金される他社製品とは異なり、Boxの全ユーザーが追加費用なしで数量無制限に電子サイン機能を利用できます。Box Signは、業務の効率化、迅速化に貢献します。

サードパーティアプリからシームレスにサインを依頼

よく使う業務アプリをBox Signと統合し、電子サインのワークフローをシンプルに。 SalesforceのようなCRMツールから、AppianのローコードアプリやUiPathのロボティックプロセスオートメーションまで、Boxのパートナーエコシステムは広範なユースケースをサポートしています。 セキュアなコンテンツレイヤー、ネイティブな電子サイン、シームレスな統合により、ITの複雑さを軽減します。

Salesforce | Appian | UiPath | Crooze | Certa | Jotform | Versafile | mxHERO |
Workato

APIで電子サインをさらに便利に

APIを活用してWebサイトやカスタムアプリケーションにBox Signを組み込むことで、顧客やパートナーなど、組織内外の関係者に対して最適なエクスペリエンスを提供できます。 開発者フレンドリーで使いやすいAPIとツールが電子サインの可能性を広げ、業務効率の向上に貢献します。

コンテンツクラウドで電子サインのワークフローをセキュアに

コンテンツクラウドの電子サインは、セキュリティやコンプライアンスを犠牲にしません。 Boxは、セキュリティとコンプライアンス要件を満たす署名機能を提供すると同時に、販売契約書や雇用契約書などのビジネス・クリティカルなドキュメントにおける一貫した情報セキュリティおよびガバナンスポリシーの制御を可能にする、唯一のクラウドベースのプラットフォームです。 コンテンツクラウドでは、契約書の作成から署名、保管まで、ドキュメントのプロセス全体を容易に管理できます。

容易に使える電子サインで各部門を支援

営業
営業

Box SignのAPIとSalesforceコネクタを用いたカスタマイズで、契約締結を迅速化。

詳しく見る
人事
人事

快適な署名エクスペリエンスで、新入社員の採用プロセスを促進。

詳しく見る
法務
法務

Box Signのテンプレートとワークフローによる、契約書の標準化とリスクの低減。

詳しく見る
マーケティング
マーケティング

代理店業務委託の承認とコラボレーションの効率化で、キャンペーンの立ち上げをスピードアップ。

詳しく見る
購買
購買

サプライヤー契約書とサインの一元管理により、ベンダーのオンボーディングを迅速化。

詳しく見る
財務
財務

電子サインと監査証跡の機能により、請求書、予算書、発注書の管理を効率化。

詳しく見る

主な機能と特長

数量無制限の電子サイン

Box Webアプリから、署名対象のドキュメントを数量に制限なく送信可能(Businessプラン以上でサポート)。

あらゆるデバイスをサポート

デスクトップ、モバイルなど、デバイスを問わず、Boxアカウントなしでもサインが可能。 40種類以上のファイルタイプをサポート。

ドキュメントのセキュリティ

署名者認証、改ざん防止、Box Shieldの機能でワークフローのセキュリティを確保。

電子サインのワークフロー

順行/並行のドキュメントルーティング、受信者の役割設定とグループ分けにより複雑なワークフローに対応し、さらに、Box Relayでワークフローを自動化。

電子サインのテンプレート

フィールドの標準化、再利用可能なテンプレートの作成、テンプレートタグの活用により、プロセスを反復可能に。

カスタマイズ可能なエクスペリエンス

カスタムブランディング、カスタマイズ可能な情報開示により、署名者のエクスペリエンスを最適化。

署名依頼の一括送信

連絡先を記載したスプレッドシートをアップロードすることで、署名対象ドキュメントを数百名の受信者に数秒で送信。

署名リンク機能

オンデマンド、セルフサービスでの署名を可能にするリンクをオンラインで共有・公開。

業界規制へのコンプライアンス

HIPAA、SOC、ISO、FedRAMPを含むBoxのセキュリティおよびコンプライアンスの諸機能を継承。

既製のアプリとの統合

署名対象ドキュメントをSalesforceから直接送信。UiPath、Appianなどのアプリとの統合により、電子サイン機能がさらに充実。

オープンなAPI

任意のサードパーティアプリ、カスタムアプリとの連携を可能にするAPI、SDKを提供。

21 CFR Part 11コンプライアンス

21 CFR Part 11に準拠し、ライフサイエンス分野における規制対象のユースケースに対応。

よくある質問

電子サインとは?
電子サインに法的拘束力はありますか?
Box Signはセキュアですか?
Box Signは、上記以外にどのような認証や規制に対応していますか?
Box Signはコンテンツクラウドにネイティブに統合されていますか?
Box Signの利用料金は?(文書ごとに課金されるのか、追加の署名者認証機能に課金されるのか)
Box Signは、サードパーティアプリやカスタムアプリと統合できますか?

電子サインをフル活用するための関連リソース

Box Sign
Box Signをさらに詳しく
データシートをダウンロード
IDC
IDC MarketScape最新版
レポートをダウンロード